運動の必要性を伝えるなら、まずは自分たちから!